部屋を借りる際の「敷金」と「礼金」を具体的に解説します。


敷金は本当に必要な物?

部屋を新しく借りる際には、さまざまな費用が掛かります。家賃の支払い以外にも、引っ越し代なども必要です。他にも、敷金と礼金というものもあります。敷金というのは家賃とは違い、大家に支払うものではありません。正確には大家に預けるお金だと考えたほうがよいのです。ですから、部屋を解約する際には返済されるものなのです。ただし、部屋の損傷などがある場合には、大家が敷金からハウスクリーニングを行うようなことがあります。その場合には、敷金は返済されないこともあるので、部屋を使用する際には出来るだけきれいに使うようにしたいものです。特にペット可の物件に住む場合には、猫のひっかき傷などが、壁や柱に出来る可能性があることも考慮しておきましょう。

礼金は大家に支払うお金

敷金と違って礼金は大家に支払うお金です。礼金の制度は戦後住居が少なかった際に、部屋を貸してもらえる大家に対する「感謝の気持ち」から誕生したものだといわれています。そのため、敷金と違い返還されることはありません。敷金も礼金も基本的に、家賃の1から2か月分の物件がほとんどです。中にはゼロゼロ物件と呼ばれる、敷金礼金の支払いが要らないありがたい物件も存在しています。ゼロゼロ物件は、アパートやマンションが乱立した地域に多く見られる傾向があります。もしも、敷金や礼金を支払いたくないのであれば、アパマンの需要よりも供給のほうが多い地域の物件探しをすれば、ゼロゼロ物件を見つけることが出来るかもしれません。

旭川の賃貸物件は、ファミリー向けからシングル向けまで揃っています。希望の間取りや環境を確認するため、契約前に数件内見します。