二世帯住宅は完全分離型がおすすめ!その理由とは?


二世帯住宅には3つの間取りがあります

「二世帯住宅って、親世代と子世代が住む家のことでしょ?」と思っているそこのあなた!一口に二世帯住宅といっても、それぞれの家族の要望に添って選べる3種類の間取りがあることを知っていましたか?ここでは、それぞれの間取りについて紹介します。・完全同居型寝室など個室を除き、玄関やキッチン、お風呂といった生活に関わるほぼ全てのスペースを共有します。・完全分離型キッチンやお風呂はもちろん、玄関さえも別々にします。・一部共有型完全同居型とは違い、どこを共有部分にするかを決められます。例えば、キッチンは別にするけどお風呂は共有するといったことが可能です。それぞれのメリットとデメリットを考えた上で、どの間取りにするかを決める事が大切です。

完全分離型ならみんなが満足!

せっかくマイホームを建てるなら、親世帯も子世帯も快適に過ごせるお家にしたいですよね。しかし、ゆっくり静かに過ごしたい親世帯と、子どもをたくさん遊ばせたい子世帯のように、お互いに譲れない部分が出てくるかと思います。また、子どもの塾や部活の都合で帰りが遅くなると、就寝の準備に入っている親世帯に気を遣ってしまうこともあるかもしれません。そんな人には、完全分離型の二世帯住宅をおすすめします。上に挙げたように、生活に関わるスペースだけでなく玄関から別なので、例えば子どもが夜遅く帰って来たとしても親世帯のスペースがうるさくなりにくくなります。また、親世帯と子世帯それぞれでお家のデザインを決める事ができるので、完全分離型なら、双方にとっておしゃれで快適なマイホームにすることができます。

二世帯住宅は親世代と子世代が同じ建物で暮らす住宅です。フロアごとに居住空間をわけたり、玄関を別にするといった方法で一定の距離を保つことができるほか、身近に親が暮らしているという安心感も得られます。