意外と知らない?賃貸オフィスのメリットデメリットと選び方


賃貸オフィスのメリットとデメリット

賃貸オフィスのメリットの一つは、オフィスを開設するための初期費用を押さえられることにあります。新規で会社を設立する場合は、お部屋にかける費用のほかに、事務機器や備品などを買いそろえたり、名刺やホームページの作成など、経費が掛かるものです。オフィスを自前で用意するより、格段に安い費用で拠点を作れる点が、賃貸オフィスのメリットです。予算との折り合いがつけば、東京23区内や大阪などにオフィスを開設すると、ビジネスチャンスが生まれるかもしれません。賃貸オフィスのデメリットは、継続した家賃の支払いが必要になることです。また、賃貸オフィスは自社の資産とはならない点もデメリットです。更新時期には家賃が予想以上に値上がりして、経営を圧迫することもあります。

賃貸オフィスの選び方

賃貸オフィスを選ぶ前に、自社が求める条件を出し、優先順位をつけておくと失敗が少なくなります。選ぶ条件には、毎月かかる家賃などの予算、オフィスを構えたいエリアや交通機関を含めた立地、どれくらいの広さが必要かといったことが含まれるでしょう。また、設備の内容も重要です。車使用が必須の事業なのに駐車場がない、オフィス機器がたくさんあるのに電気容量やコンセントの数が少ないと、居住性が悪くなります。気に入った物件があれば、現況確認のため、実際に見に行ってください。契約内容はすべての項目に目を通し、極端に不利な項目がないかどうかを確認したり、交渉することも大切です。

サラリーマンの街、新橋などがある港区で賃貸事務所の数は多くあります。もともと港区は都内で最も事務所数が多く交通の便が良い、立地的にもブランド力のあるエリアなのです。