家造りをするための土地探しのポイントとは?


建築制限をしっかり確認すること

家造りをするためには、まずはじめに土地を用意しなければなりません。もともと土地を所有している場合には他に選択肢はありませんが、そうでなければ土地探しを行うところから家造りが始まるのです。土地を選ぶ際には、いくつか確認すべきポイントがありますが、その中でも大事なのがどのような建築制限が設けられているのかという点です。というのも、建築制限の内容によって、希望する建物を建てられるかどうかが決まってくるからです。例えば、代表的な建築制限の一つに建ぺい率があります。これは、土地の広さに占める建築可能な建物の建坪面積の割合を制限するものであり、もし50坪の土地の建ぺい率が50パーセントであれば、そこには建坪が25坪以下の建物しか建てられません。そのため、それよりも大きな建物を考えているのであれば、そのような土地は候補から外す必要があるのです。

周辺環境もチェックすること

土地を選ぶうえでは、建築制限に加えて、周辺環境も入念にチェックすることが重要となります。最寄駅からの距離だけでなく、周囲に不快な臭いや騒音を発するような迷惑施設がないかどうかも十分に確認するようにしましょう。なお、臭いや音は、時間帯や風向きによって異なるケースが少なくありません。一度現地を訪れて問題ないと思っても、別の日時に行ってみたら不快な臭いがするということはあり得ますので、周辺環境をチェックする場合には、必ず複数回にわたって現地を訪れてみるようにするのがおすすめです。

2000万の家を注文住宅で購入する場合、内装に使用する素材は安価なものを使い、間取りはシンプルなデザインにします。