賃貸物件を選ぶコツは?物件情報では分からない部分をチェックしに行こう!


賃貸物件の情報だけでは読み取れない物件の条件

賃貸物件を選んでから、部屋が思ったより狭いと感じたり、周辺環境に恵まれていないと感じるなど。引っ越してからもっと違う部屋にすれば良かったと思うことも珍しくありません。そんな後悔が残らないように、物件や立地の環境をちゃんとチェックしましょう!賃貸物件の間取り図と実際の部屋の間取りや広さは、微妙に異なることも多いです。間取り図では広々とした部屋に見えても、部屋の角に柱があって少し出っ張っていることや、天井の梁が出ていたなど。このような特殊な形状の部屋は、出っ張った柱や梁が圧迫感を与えて部屋が狭いと思うことも少なくありません。入居してからマイナス面に気づいても遅いので、現地に直接足を運び、何か不具合はないかチェックしておきましょう。また、必要な家具や家電を部屋に置くことも想定し、部屋の広さは十分にあるかを確認することも大事なポイントです。

賃貸物件の情報だけでは読み取れない立地条件

賃貸物件の広告情報だけでは分かりにくいのが、立地条件です。物件情報には、最寄り駅までの距離などが掲載されていますが、買い物施設や学校などの周辺の施設の環境についての情報は少ない場合も多いです。物件情報だけでは、十分に周辺の環境のことを知ることは難しいでしょう。ですから、実際に現地まで行って、コンビニやスーパー、ドラッグストアなどの生活に必要な買い物施設はあるか、学校や役所といった公共施設は近いかなどをチェックしておくことが大切です。そして、様々な便利な施設まで歩いてみて、どのくらいの距離かを確かめておくのもよいでしょう。

江別の賃貸物件に住むと、農業が盛んな土地柄、朝採り野菜の直売所が点在するので、新鮮な美味しい野菜をいつでも購入することができます。