賃貸住宅選びのポイントにしたい!収納と間取り



賃貸住宅を収納重視で考える

賃貸住宅は、収納スペースが限られるケースがよく見られます。それでも、収納を重視して賃貸住宅を選ぶと、満足度が高くなります。収納は、単に広ければよいという問題ではありません。収納したいものが適切な場所にしまえることが大切です。例えば、玄関の周辺にシューズボックスがあれば、靴を家の中にしまう必要はありません。クローゼットは、洋服をしまうためにハンガーパイプがついていることが多いですが、さらに棚などが設置されていると、収納力がアップします。和室の収納で押入れがあれば、奥行きが深いため、たくさんのものを収納できるでしょう。押入れの上に天袋があれば、さらに多くのものを収納できるに違いありません。

間取りは生活スタイルを考えて決める

一口に「間取り」といっても、一軒の家にある部屋の種類や広さ、生活動線が関係するため、生活スタイルを考えて決定することが重要です。最近では、一人暮らしをする人が多い地域で特に、1Rのお部屋が増えました。1Rのお部屋の場合、同じ広さであっても、収納やロフトの有無などにより、自由に使えるお部屋の広さが異なる場合があるため、注意が必要です。持ち物の量や、置きたい家具や家電などにより、心地よく過ごせる部屋の広さが違ってくるため、どのように持ち物をしまうかをイメージして選ぶとよいでしょう。

生活動線を考えた間取り選びも大事です。複数のお部屋があり、家族がいる場合は、部屋を移動するときなどに、家族同士の生活動線がぶつかるなど、ストレスを感じないかどうか、よく考えることが重要です。

小樽の賃貸は、大きく分けて住居用の賃貸マンションやアパート、そして企業が借りる賃貸オフィスや倉庫などがあります。