注文住宅を建てる時、間取りはどうやって決める?



家族構成ごとの間取りの決め方

注文住宅では一から間取りを決めることができるため、家族構成に合った間取りの家を建てることができます。家に1人または夫婦など2人以下で住む場合の間取りは3LDK以下、夫婦と子供で住む場合の間取りは4LDK以上がおすすめです。これから子供が増える予定があったり、現在は別居中の家族が同居する可能性があったりする場合は、将来予定していることも考えながら家の間取りを決める必要があります。時が経てば、家族の人数や年齢も変化していくので、暮らしていく中で間取りをその時その時に合ったものに変えられるような家を建てるのがいいのかもしれません。

それぞれの部屋の役割

家には個人のスペースと共有のスペースがあり、家族構成によってその数や広さ・役割が変わってきます。たとえば、夫婦ふたりで住む家であればリビングダイニングキッチンは落ち着きのある狭めの空間にして、個人の部屋は趣味や仕事部屋として不自由なく使える広さにすることが考えられます。一方で夫婦と子供などで住む場合は、広いリビングダイニングキッチンにして家族全員がそこで快適に過ごすことができる空間にし、他の部屋は夫婦の部屋と人数分の子供部屋を作るなど、家族構成に合った空間を作り出すことが重要になってきます。

間取りをどのようにするかによって、家族と過ごす時間が増えたり減ったりし、家族関係へも影響することが考えられるので、家族全員が快適に過ごせるような家ができるように、時間をかけて検討することが大切です。

名古屋の注文住宅は、さまざまな設備が整っています。特に防犯面がしっかりしており、安心して暮らすことができます。